夏にピッタリ…茹でずに食べられるシマダヤの「流水麺」

公開日: 更新日:

「そば」も「うどん」も「そうめん」も、さっと水でほぐすだけ。ゆでずに簡単に食べられるシマダヤの「流水麺」は、チルドゆで麺市場における夏の定番商品だ。1988年の発売以来、簡便と即食の価値を追求。昨年から“スープをかけてほぐすだけ”になった「冷し中華」も絶好調だ。

 すでに堂々たるロングセラーブランドながら、売り上げはまだまだ右肩上がり。その強さの理由は、30年にわたる開発・改良の歴史にある。

「どんなに簡単でも、おいしくないと買ってもらえない。より簡単によりおいしい商品にすべく進化を重ねてきたからこそ、支持を得ているのだと思う」(マーケティング本部の尾崎克典氏)

 はじまりは消費者調査だった。「暑いからお湯を使いたくない」といった理由で夏場は麺類の喫食頻度が落ちていること、そして少数ながら、ゆで麺を水でほぐして食べている人がいることに着目。本来はゆでることを前提としたチルドゆで麺をそのまま食べている。つまりニーズは簡便性で、「ゆでずに食べられる麺をつくれば、夏場の市場が広がると考えた」(尾崎氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る