夏にピッタリ…茹でずに食べられるシマダヤの「流水麺」

公開日: 更新日:

「そば」も「うどん」も「そうめん」も、さっと水でほぐすだけ。ゆでずに簡単に食べられるシマダヤの「流水麺」は、チルドゆで麺市場における夏の定番商品だ。1988年の発売以来、簡便と即食の価値を追求。昨年から“スープをかけてほぐすだけ”になった「冷し中華」も絶好調だ。

 すでに堂々たるロングセラーブランドながら、売り上げはまだまだ右肩上がり。その強さの理由は、30年にわたる開発・改良の歴史にある。

「どんなに簡単でも、おいしくないと買ってもらえない。より簡単によりおいしい商品にすべく進化を重ねてきたからこそ、支持を得ているのだと思う」(マーケティング本部の尾崎克典氏)

 はじまりは消費者調査だった。「暑いからお湯を使いたくない」といった理由で夏場は麺類の喫食頻度が落ちていること、そして少数ながら、ゆで麺を水でほぐして食べている人がいることに着目。本来はゆでることを前提としたチルドゆで麺をそのまま食べている。つまりニーズは簡便性で、「ゆでずに食べられる麺をつくれば、夏場の市場が広がると考えた」(尾崎氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る