開発10年 ローソン「でか焼鳥」は夕食おかずにもピッタリ

公開日:

 ローソンの「でか焼鳥」が売れている。2017年1月に“ローソン史上最も大きい焼鳥”として発売以来、ご飯のおかずにもぴったりの、食べ応えのあるボリューム感で大人気。累計販売数は早くも1億6000万本を突破した(18年6月時点)。

 従来の「焼鳥」より約20%大きい「でか焼鳥」は、「ももタレ」「もも塩」「かわタレ」「ねぎま」の定番4品に、随時限定商品が加わるメニュー構成。現在は「かわ塩」を発売中だ。

「食べ応えだけでなく、味についても高い評価を受けている。決め手は醤油と塩。今年1月のリニューアルでは原料の産地を絞って、よりこだわりの味わいに進化させている」(商品本部の塚田牧子氏)

 具体的には、タレ味には香りとうま味にすぐれた天然醸造国産木樽醤油を、そして塩味には五島灘の海水から抽出した塩を採用。もちろん備長炭を使った「炭火焼」もウリ。1月からは焼き時間を延ばし、より香ばしい仕上がりをかなえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る