開発10年 ローソン「でか焼鳥」は夕食おかずにもピッタリ

公開日: 更新日:

 ローソンの「でか焼鳥」が売れている。2017年1月に“ローソン史上最も大きい焼鳥”として発売以来、ご飯のおかずにもぴったりの、食べ応えのあるボリューム感で大人気。累計販売数は早くも1億6000万本を突破した(18年6月時点)。

 従来の「焼鳥」より約20%大きい「でか焼鳥」は、「ももタレ」「もも塩」「かわタレ」「ねぎま」の定番4品に、随時限定商品が加わるメニュー構成。現在は「かわ塩」を発売中だ。

「食べ応えだけでなく、味についても高い評価を受けている。決め手は醤油と塩。今年1月のリニューアルでは原料の産地を絞って、よりこだわりの味わいに進化させている」(商品本部の塚田牧子氏)

 具体的には、タレ味には香りとうま味にすぐれた天然醸造国産木樽醤油を、そして塩味には五島灘の海水から抽出した塩を採用。もちろん備長炭を使った「炭火焼」もウリ。1月からは焼き時間を延ばし、より香ばしい仕上がりをかなえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る