• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開発10年 ローソン「でか焼鳥」は夕食おかずにもピッタリ

 ローソンの「でか焼鳥」が売れている。2017年1月に“ローソン史上最も大きい焼鳥”として発売以来、ご飯のおかずにもぴったりの、食べ応えのあるボリューム感で大人気。累計販売数は早くも1億6000万本を突破した(18年6月時点)。

 従来の「焼鳥」より約20%大きい「でか焼鳥」は、「ももタレ」「もも塩」「かわタレ」「ねぎま」の定番4品に、随時限定商品が加わるメニュー構成。現在は「かわ塩」を発売中だ。

「食べ応えだけでなく、味についても高い評価を受けている。決め手は醤油と塩。今年1月のリニューアルでは原料の産地を絞って、よりこだわりの味わいに進化させている」(商品本部の塚田牧子氏)

 具体的には、タレ味には香りとうま味にすぐれた天然醸造国産木樽醤油を、そして塩味には五島灘の海水から抽出した塩を採用。もちろん備長炭を使った「炭火焼」もウリ。1月からは焼き時間を延ばし、より香ばしい仕上がりをかなえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る