パワハラ話題で問い合せ増 ハラスメント保険のうま味とは

公開日: 更新日:

 ジャパンビバレッジの支部長が、「有給休暇」を景品にしたクイズを部下に出して騒動になっている。同社には労基署から4度の是正勧告が出ている。それでもカエルのツラになんとやらのようだ。ブラック企業は簡単になくならない。

 それでだろう。ハラスメント保険が注目されている。大手損害保険会社でも、企業が従業員に訴えられた場合の賠償金などを補償する保険を出しているが、個人向けのミニ保険も需要が高まっているという。

「弁護士保険コモン」がそれで、法的トラブルになった時の保険金給付に加え、トラブルの初期段階で弁護士に相談ができる。加害者として訴えられた場合だけでなく被害者になった時に役立つ。月額1080円からで、今年4月に発売以降、加入者を増やしているそうだ。

 現在、労働者の3人に1人が、いじめ・嫌がらせなどのパワハラ被害に遭い、相談件数は過去7年で2倍に増えている。おかげで「月に100件程度の問い合わせを頂いています。約8対2で、男性の割合が多めですが、直近では女性の加入者も増えてきています。30~40代が多いですが、社会人になって間もないお子さんのために親御さんがご契約されるという事例もあります」(販売元の「エール少額短期保険」の担当者)。

 くだんの支部長も加入しておくべきだったかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る