• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パワハラ話題で問い合せ増 ハラスメント保険のうま味とは

 ジャパンビバレッジの支部長が、「有給休暇」を景品にしたクイズを部下に出して騒動になっている。同社には労基署から4度の是正勧告が出ている。それでもカエルのツラになんとやらのようだ。ブラック企業は簡単になくならない。

 それでだろう。ハラスメント保険が注目されている。大手損害保険会社でも、企業が従業員に訴えられた場合の賠償金などを補償する保険を出しているが、個人向けのミニ保険も需要が高まっているという。

「弁護士保険コモン」がそれで、法的トラブルになった時の保険金給付に加え、トラブルの初期段階で弁護士に相談ができる。加害者として訴えられた場合だけでなく被害者になった時に役立つ。月額1080円からで、今年4月に発売以降、加入者を増やしているそうだ。

 現在、労働者の3人に1人が、いじめ・嫌がらせなどのパワハラ被害に遭い、相談件数は過去7年で2倍に増えている。おかげで「月に100件程度の問い合わせを頂いています。約8対2で、男性の割合が多めですが、直近では女性の加入者も増えてきています。30~40代が多いですが、社会人になって間もないお子さんのために親御さんがご契約されるという事例もあります」(販売元の「エール少額短期保険」の担当者)。

 くだんの支部長も加入しておくべきだったかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る