体操・宮川がコーチのパワハラを否定 処分に不服申し立て

公開日: 更新日:

 体操の速見佑斗コーチ(34)が、世界選手権女子代表候補の宮川紗江選手(18)に暴行したとして、日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた事件。なんと宮川選手本人が21日、代理人弁護士を通じて同コーチのパワハラを否定する直筆文書を発表した。

 宮川選手は8年間、同コーチと共にオリンピック金メダルを目標に頑張ってきたとしたうえで、「暴力は良くないことだとはわかっていますが、私は速見コーチに対して、パワハラされたと感じていませんし、今回のことも訴えたりしていません」と弁護。そして同コーチの無期限の登録抹消という処分を不服として、8月20日に東京地裁に仮処分の申し立てを行ったとしている。

 さらに今回の処分執行のプロセスには「不自然さ」があり、「第三者による何らかの意図が働いていたと推認せざるを得ません」と批判している。宮川選手は同コーチの懲戒処分にショックを受けており、体操はおろか日常生活も普段通り過ごせない状態だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る