パワハラ問題落着も…伊調馨10月復帰に透ける協会の思惑

公開日:

 女子レスリングのパワハラ問題が一件落着した。

 日本協会は10日、福田富昭会長が被害者である五輪4連覇の伊調馨(34)と面談して正式に謝罪したと発表。併せて伊調が今年10月の全日本女子オープン選手権(静岡・三島)に出場すると明かした。

 伊調は所属先のALSOKを通じて「レスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、今後とも全力を尽くしていきたい」とコメント。10月の復帰戦に向けて「レベルを上げた練習に取り組んでいます」と近況を報告した。

 パワハラ騒動発覚後、進退について明らかにしてこなかった伊調がマットに戻ることになったのは、本人の意向よりも協会側の思惑が透けて見える。

 五輪女王がマットに一度も姿を現さずに、このまま引退に追い込まれれば、協会への世間からの反発、バッシングは避けられない。これ以上の信頼失墜を食い止めたい協会側は、伊調に復帰の舞台を用意することで、地に落ちたイメージ回復を図る狙いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る