パワハラ問題落着も…伊調馨10月復帰に透ける協会の思惑

公開日: 更新日:

 女子レスリングのパワハラ問題が一件落着した。

 日本協会は10日、福田富昭会長が被害者である五輪4連覇の伊調馨(34)と面談して正式に謝罪したと発表。併せて伊調が今年10月の全日本女子オープン選手権(静岡・三島)に出場すると明かした。

 伊調は所属先のALSOKを通じて「レスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、今後とも全力を尽くしていきたい」とコメント。10月の復帰戦に向けて「レベルを上げた練習に取り組んでいます」と近況を報告した。

 パワハラ騒動発覚後、進退について明らかにしてこなかった伊調がマットに戻ることになったのは、本人の意向よりも協会側の思惑が透けて見える。

 五輪女王がマットに一度も姿を現さずに、このまま引退に追い込まれれば、協会への世間からの反発、バッシングは避けられない。これ以上の信頼失墜を食い止めたい協会側は、伊調に復帰の舞台を用意することで、地に落ちたイメージ回復を図る狙いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  8. 8

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る