• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パワハラ問題落着も…伊調馨10月復帰に透ける協会の思惑

 女子レスリングのパワハラ問題が一件落着した。

 日本協会は10日、福田富昭会長が被害者である五輪4連覇の伊調馨(34)と面談して正式に謝罪したと発表。併せて伊調が今年10月の全日本女子オープン選手権(静岡・三島)に出場すると明かした。

 伊調は所属先のALSOKを通じて「レスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、今後とも全力を尽くしていきたい」とコメント。10月の復帰戦に向けて「レベルを上げた練習に取り組んでいます」と近況を報告した。

 パワハラ騒動発覚後、進退について明らかにしてこなかった伊調がマットに戻ることになったのは、本人の意向よりも協会側の思惑が透けて見える。

 五輪女王がマットに一度も姿を現さずに、このまま引退に追い込まれれば、協会への世間からの反発、バッシングは避けられない。これ以上の信頼失墜を食い止めたい協会側は、伊調に復帰の舞台を用意することで、地に落ちたイメージ回復を図る狙いがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る