減給たった1万円 山形大“パワハラ処分”の信じられない軽さ

公開日:

 甘すぎるんじゃないのか。山形大の研究施設「xEV飯豊研究センター」のパワハラ問題で、大学側が23日に発表した加害者である50代のセンター長(教授)の処分内容に批判が噴出している。

 この問題は、2016年4月~17年2月、センター長が職員4人に対して「偏差値40」「小学生以下」などの暴言を浴びせたり、不適切なメールを送信したりしていたことが発覚。大学の調査で、一連の言動がハラスメントに認定された。ところが、発表された処分内容はナント! 「1日分給与半減(減給額約1万円)」というから仰天だ。

 同大の矢作総務部長は「減給額は労働基準法が定める上限で、法律と就業規程に基づき、適正に処分しました」と説明するが、駐車違反の反則金並みの「1万円」なんて痛くもかゆくもないだろうし、パワハラ再発防止につながるとは到底、思えない。ちなみに、16年度の山形大教授(平均年齢55・9歳)の年間給与額は約720万~約1370万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る