• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

減給たった1万円 山形大“パワハラ処分”の信じられない軽さ

 甘すぎるんじゃないのか。山形大の研究施設「xEV飯豊研究センター」のパワハラ問題で、大学側が23日に発表した加害者である50代のセンター長(教授)の処分内容に批判が噴出している。

 この問題は、2016年4月~17年2月、センター長が職員4人に対して「偏差値40」「小学生以下」などの暴言を浴びせたり、不適切なメールを送信したりしていたことが発覚。大学の調査で、一連の言動がハラスメントに認定された。ところが、発表された処分内容はナント! 「1日分給与半減(減給額約1万円)」というから仰天だ。

 同大の矢作総務部長は「減給額は労働基準法が定める上限で、法律と就業規程に基づき、適正に処分しました」と説明するが、駐車違反の反則金並みの「1万円」なんて痛くもかゆくもないだろうし、パワハラ再発防止につながるとは到底、思えない。ちなみに、16年度の山形大教授(平均年齢55・9歳)の年間給与額は約720万~約1370万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る