ラフィネ・都築由美さん 15人しかいない最上級セラピスト

公開日: 更新日:

 胸に輝く金色のバッジを着けられるのは、同社で働く約3000人のセラピストの中で目下15人のみ。“頂点”の証しだ。都築由美さんは入社7年目。この4月にセラピスト最高峰の称号を手にした。

「5回目の挑戦でした。試験は筆記と接客・実技を兼ねた“社長試験”。社長がお客さまとなり、ボディーケアの60分間コースを受ける実技テストです。社長自身、鍼灸マッサージ師などの資格を持っているのでゴマカシは利きません。神経を研ぎ澄まして挑戦しました」

 同社のセラピストは、インターンを振り出しに、社内試験により、フレッシュ→アドバンス→ゼネラル→チーフ→マスター→グランドマスターと昇格。ランクが上がるごとに委託料がアップする。セラピストは社員ではない。同社と委託契約を結ぶ自営業者だ。

「ラフィネに入ったのは28歳のとき。それまでモノを作り、モノを売る仕事に就いてきましたが、今度はモノに頼らない仕事をしてみたかった。で、調べてみるとココは業界の最大手。日本一のところで研修を受け、日本一になれば世界に通用する腕を身につけられるかと。ただ、転職後の最初の研修、35日間でしたが、これが厳しかった。寮に住んで朝から晩まで、接客のイロハからボディーケア全般まで理論と実技を徹底的に叩き込まれました。テキストが何冊もあって、覚える量もハンパなくて。最後の何日間は毎晩、泣いてましたね。道のりは簡単ではなかったけれど、心が折れたことはありません。それはココが“ちゃんと頑張れば、ちゃんと評価してもらえるとこ”だから。私に物凄く合っている会社だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る