日産自動車・河本晃一さん ヤマハでコンサートホール設計

公開日:

 最新技術の粋を集めた自動車の開発には、通常4~5年の時間がかかる。その節目に予定通り開発が進んでいるか、試作車を運転して評価するのが日産自動車のチーフ・ビーグル・アセスメント・スペシャリスト、河本晃一さん(47)の今の役目だ。

「一般的な評価ドライバーが、エンジンやステアリングなど個々の性能を専門的に深く評価するのに対し、我々はあくまでお客さまの視点で“広く浅く”評価をします。運転技術や評価力はもちろん、役員に対して耳の痛いこともしっかり説明できる説得力も必要ですね」

 経歴はユニークだ。日産入社前はヤマハにいた。それもバイクではなく音楽の方。コンサートホールの設計から、退社する直前は着メロを作っていた。

 それが突然の方向転換。なぜ畑違いの会社で途中入社の道を選んだのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る