妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

公開日:

 スティーブン・キングの小説「クリスティーン」は、意志を持った殺人自動車をテーマにしたホラー小説だが、こちらの“クリスティーン”は目頭が熱くなる家族愛の物語――。

 米FOXニュース(17日付電子版)などによると、米テキサス州サンアントニオに住むウェスリー・ライアンさん(47)は昔、愛車の1993年型「フォード・マスタングGT」に、キングの小説にちなんで「クリスティーン」という名前をつけ、家族の次に大切にして乗り回していた。

 しかし17年前、ウェスリーさんはその最愛の白い車を手放さなければならなくなった。

 妻のローラさんが卵巣がんと診断され、その手術費用が足りなかったためだ。ウェスリーさんは診断の2日後にクリスティーンを売却。ローラさんの手術は見事に成功、現在まで、がんは再発していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る