妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

公開日: 更新日:

 スティーブン・キングの小説「クリスティーン」は、意志を持った殺人自動車をテーマにしたホラー小説だが、こちらの“クリスティーン”は目頭が熱くなる家族愛の物語――。

 米FOXニュース(17日付電子版)などによると、米テキサス州サンアントニオに住むウェスリー・ライアンさん(47)は昔、愛車の1993年型「フォード・マスタングGT」に、キングの小説にちなんで「クリスティーン」という名前をつけ、家族の次に大切にして乗り回していた。

 しかし17年前、ウェスリーさんはその最愛の白い車を手放さなければならなくなった。

 妻のローラさんが卵巣がんと診断され、その手術費用が足りなかったためだ。ウェスリーさんは診断の2日後にクリスティーンを売却。ローラさんの手術は見事に成功、現在まで、がんは再発していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る