カレーパンはなぜ揚げてあるのか? 協会会長に聞いてみた

公開日:

 カレーパンといえば、サラリーマンにも不動の人気を誇るガッツリ系総菜パン。生地の外側にパン粉をまぶし、キツネ色にこんがりと揚げてあるのが定番で、ビールのアテにも最高だ。しかし、なぜカレーパンは揚げるのか?

 日本カレーパン協会の佐藤絵里会長はこう説明する。

「カレーパンの発祥は諸説ありますが、東京・江東区にある『名花堂』(現カトレア)の2代目店主が、1927年に考案したというのが有力です。ただし、こちらは『具の入ったパンをカツレツのように揚げる』というもので、カレーにこだわっているわけではありません。一方、東京・練馬区の『デンマークブロート』(1934年創業)では、まずカレーサンドを発売し、後に揚げることを思いついています。いずれも具の水分を外に漏らさないための工夫でしょう。この時代は洋食が普及しつつあり、さまざまな飲食店が日本的な洋食メニューを試行錯誤していたことも背景にあると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る