カレーパンはなぜ揚げてあるのか? 協会会長に聞いてみた

公開日: 更新日:

 カレーパンといえば、サラリーマンにも不動の人気を誇るガッツリ系総菜パン。生地の外側にパン粉をまぶし、キツネ色にこんがりと揚げてあるのが定番で、ビールのアテにも最高だ。しかし、なぜカレーパンは揚げるのか?

 日本カレーパン協会の佐藤絵里会長はこう説明する。

「カレーパンの発祥は諸説ありますが、東京・江東区にある『名花堂』(現カトレア)の2代目店主が、1927年に考案したというのが有力です。ただし、こちらは『具の入ったパンをカツレツのように揚げる』というもので、カレーにこだわっているわけではありません。一方、東京・練馬区の『デンマークブロート』(1934年創業)では、まずカレーサンドを発売し、後に揚げることを思いついています。いずれも具の水分を外に漏らさないための工夫でしょう。この時代は洋食が普及しつつあり、さまざまな飲食店が日本的な洋食メニューを試行錯誤していたことも背景にあると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る