実際に応募し判明…東京五輪ボランティアが集まらない理由

公開日: 更新日:

 26日から募集が始まった東京五輪ボランティア。12月上旬までの募集期間内に11万人を集めるという。早速、日刊ゲンダイの記者も応募してみた。

 まずはボランティアに参加するため、「東京2020ボランティア」のホームページにアクセスすると、いきなり「応募フォームの入力には約30分かかります」と赤文字で警告が。恐る恐る応募ページに入ってみると、まさかの英語表記の説明に出はなをくじかれた。どうやら、日本語に変更するには自分で設定を変えなければならないようだ。

 入力内容は自宅住所や電話番号といった基本情報だけでなく、これまでのボランティア経験や大会への意気込みなど、記入項目は70カ所以上という煩雑さ。さらに「居住国」の項目では、アイウエオ順に並ぶ国名から、なぜか最後の方に位置する「日本」をさがさなければならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る