ドロンズ石本
著者のコラム一覧
ドロンズ石本タレント

本名・石本武士(いしもと・たけし)。1973年、広島生まれ。96年に相方の大島直也とドロンズを結成。現在は食レポに俳優とマルチに活躍中。2007年に自身がオーナーの「馬肉屋たけし」(東京・恵比寿)を開店。

「お食事処 味乃蔵」かっこむのが最高の隠岐そばの醍醐味

公開日: 更新日:

 さ~今回は秋の特別編ですよ~。向かったのは島根県の隠岐諸島。境港からフェリーで2時間半、波間の向こうに緑あふれる静かな島、美しい自然と文化がありました。諸島は大きく島前、島後とに分かれてまして、行楽シーズンの今、ぜひ見てほしいのは、ローソク島であります。

 さて、そんなステキな島にもステキな麺があるんです。島民の皆さんに昔から食べられてる隠岐そば。老舗の割烹料理店「味乃蔵」さんに案内してもらい、うきうきしてお店に入ると、そこは全面ガラス張りで、海辺の景色を楽しみながら食事ができるようになっていました。新鮮な魚介類をメインにしたメニューが並び、目移りする中、注文したのはもちろん隠岐そば定食1080円です。料理を待つ時間も、ゆっくり、のんびり過ごすのが島流で、景色を眺めていると、来ましたよ~。

「え? なになにこれ」 思わず丼を指さしちゃいました。そばがちぎれている? 短く、みじん切りにしたの? 店員さんに聞くと「これが隠岐そばの特徴なんですよ」と言います。なるほど~。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る