韓国通の女優・黒田福美さん 財布は日韓両国で使い分け

公開日: 更新日:

「もう古くなってきたから、来年のお正月には買い替えようと思っていたのに……」と、苦笑いをしながら少し恥ずかしそうに2つの財布を見せてくれた。芸能界きっての韓国通としても知られ、留学経験もある。35年前から日本と韓国を行き来しているため、両国で使う財布を分けているそうだ。

「日本で使っている財布は5年くらい前に韓国で買いました。特別なブランドじゃないけれど、留め金の金属のところにハングルがデザインされているんです。そこが気に入って買いました」

 ブランドにこだわらなくなったのは韓国留学がきっかけだった。

「俳優になって少し豊かになってきた頃は、高級なブランドを手にしていたこともありました。でも、44歳で韓国へ留学した時に、俳優ではない一個人の黒田福美(本名)になって、すごく気がせいせいしたというか、解放感を味わったんです。その頃から、物に対するこだわりがなくなっちゃったのね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る