神田「高山珈琲」土日祝は休み、店は路地裏でも人気のワケ

公開日: 更新日:

 どこの店だって千客万来を願うもの。だから駅前に店を開いたり、看板を置いたりして、「ここにお店がありますよ」と主張するものだろう。

 しかし、高山珈琲は隠れるように営まれている。店は路地裏。入り口にはたくさんの植木が置かれ、看板を覆い隠さんとしている。それなのに、1日に約130人もの来客がある。

 不思議なことは、ほかにもある。多くの喫茶店にとって、書き入れ時であるはずの週末や祝日はお休み。路地裏とはいえ神田という好立地にあるのに、コーヒーは1杯500円。

 それでも店は長続きし、25年も人気店であり続ける。

「お客さまに迷惑がかかるから」と、めったに取材を受けないこの店の話が伺えるという僥倖に恵まれたのは、たまたま午前中は臨時休業という日があったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る