神田「高山珈琲」土日祝は休み、店は路地裏でも人気のワケ

公開日: 更新日:

 どこの店だって千客万来を願うもの。だから駅前に店を開いたり、看板を置いたりして、「ここにお店がありますよ」と主張するものだろう。

 しかし、高山珈琲は隠れるように営まれている。店は路地裏。入り口にはたくさんの植木が置かれ、看板を覆い隠さんとしている。それなのに、1日に約130人もの来客がある。

 不思議なことは、ほかにもある。多くの喫茶店にとって、書き入れ時であるはずの週末や祝日はお休み。路地裏とはいえ神田という好立地にあるのに、コーヒーは1杯500円。

 それでも店は長続きし、25年も人気店であり続ける。

「お客さまに迷惑がかかるから」と、めったに取材を受けないこの店の話が伺えるという僥倖に恵まれたのは、たまたま午前中は臨時休業という日があったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る