曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

餃子日和(和歌山)餃子ごとにタレを替えて味わい楽しむ

公開日: 更新日:

 JR和歌山駅東口からすぐの所にある「餃子日和」は和歌山では珍しい餃子専門店。酒造会社・中野BCで研究開発を担当していた大野由里子さんが一念発起し、独立して開いた店である。

 大野さんは「当時、和歌山には餃子の専門店がなかったから出店を決めた」と語る。さすがに若い女性が営むだけに我々が想像するような餃子屋さんではなく、洗練された雰囲気に。なので女性の一人客も目立つそうだ。

 大野さんは、酒造会社に勤務していただけに酒の知識は豊富。日本酒を中心にいろんなものが飲める。もちろん、出身の中野BCの酒も置いている。「親戚が湯浅醤油なので、そこが販売する『みかん甘酒』をマンゴージュースで割ったカクテルもありますよ」と紹介してくれた。

 同店の餃子は、スタンダードの元祖餃子(350円)のほかに極撰黒豚餃子、鶏餃子、しそ餃子(ともに400円)などがラインアップされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る