曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

餃子日和(和歌山)餃子ごとにタレを替えて味わい楽しむ

公開日: 更新日:

 JR和歌山駅東口からすぐの所にある「餃子日和」は和歌山では珍しい餃子専門店。酒造会社・中野BCで研究開発を担当していた大野由里子さんが一念発起し、独立して開いた店である。

 大野さんは「当時、和歌山には餃子の専門店がなかったから出店を決めた」と語る。さすがに若い女性が営むだけに我々が想像するような餃子屋さんではなく、洗練された雰囲気に。なので女性の一人客も目立つそうだ。

 大野さんは、酒造会社に勤務していただけに酒の知識は豊富。日本酒を中心にいろんなものが飲める。もちろん、出身の中野BCの酒も置いている。「親戚が湯浅醤油なので、そこが販売する『みかん甘酒』をマンゴージュースで割ったカクテルもありますよ」と紹介してくれた。

 同店の餃子は、スタンダードの元祖餃子(350円)のほかに極撰黒豚餃子、鶏餃子、しそ餃子(ともに400円)などがラインアップされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る