曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ニューミュンヘン曽根崎店(大阪北区)伝説の鶏の唐揚げを

公開日:

 病みつきという言葉がふさわしいのか、ついつい足を向かわせてしまう料理がある。そのひとつが「ニューミュンヘン」の唐揚げだ。なぜかと聞かれると子供のころから食べ続けているから私の嗜好になっているとしか答えられない。

「ニューミュンヘン」の上杉竜太郎専務によると、曽根崎店など大阪の店では阿波乙女鶏の唐揚げ(920円)の名称で売っているらしい。これが神戸だと丹波地鶏の唐揚げになる。要は大阪と神戸では使用している素材が違い、大阪が徳島の銘柄鶏を使っているのに対して、神戸は兵庫県産を使用しているから同じ料理でも名称が異なる。

 小学生のころ、父親は誕生日に「ニューミュンヘン」に私を連れて行き、唐揚げを食べさせてくれた。それくらいこのメニューにはなじみがあり、歴史もある。

 上杉専務によると、「ニューミュンヘン」ができたのは昭和33年。戦地で知り合った佐野鶴松さんと東口繁太郎さんが、サッポロビールの関西進出を機にお初天神通りでスタートさせたそう。ビアホールが珍しかった時代ですぐに繁盛店になっている。当初は鶏のもも焼きが名物料理。もも肉は消費するが、胸肉が余る。そんな鶏屋のリクエストに応えて唐揚げをメニュー化させた。なので店舗で提供されている鶏の唐揚げは骨付きで胴体のみを使っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る