嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

日本橋蛎殻町「すぎた」 主人の縁がつながり花開く

公開日: 更新日:

 日本橋蛎殻町すぎたのご主人、杉田孝明さんの歩んでこられた道のりに運命を感じる。千葉県で生まれ育ち、中学2年の時に小林薫さんが寿司職人を演じる「イキのいい奴」というドラマを見て、寿司屋ってカッコいいなと漠然と思った。高校の時に、たまたま友達の代わりに寿司屋でバイトをすることになり、やはり寿司屋になろうと決断する。

 求人広告が出ていたお店にいくつかあたりをつけて、一番最初に面接に行ったのが日本橋蛎殻町の都寿司だった。ご主人に会って話すうちに、この人についていこうと決意し、他の面接には行かず、高校卒業と同時に修業が始まった。ご主人からは寿司だけでなく人としての生き方の根本から教わった。早朝から働き、仕事終わりに近所の洋食屋テキサスに行くのが楽しみだった。深夜なのに、ステーキやハンバーグを頬張る客で賑わっていた。

 握りも任され、テキサスの常連にもなって10年ほど経った頃、マダムから娘と付き合ってもらえないかと頼まれた。それが現在のすぎたの女将さんである。所帯を持ち、さらに数年経った頃、師匠から東日本橋で暖簾分けした弟子がやっていた店が空くから、そこをやってみないかと誘われる。2004年春、東日本橋都寿司の後を継ぐ形で少し古い居抜き物件でのスタートだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る