曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

口熊野食堂(和歌山上富田)行列ができる評判のラーメン店

公開日:

 上富田ICからほど近い場所に和歌山で評判のラーメン屋「口熊野食堂」がある。俗に和歌山ラーメンと呼ばれるものは、醤油と豚骨をベースにしたものをさす。

 店主は豚骨特有のにおいは個性が強いあまり客層を限ってしまうと考え、醤油と豚骨のスープに、鶏ガラを加えることで豚骨特有のにおいを抑え、バランスのとれた味に仕上げた。和歌山ラーメンといわず、その地の名を冠して口熊野ラーメンとして売り出したところ、口コミで評判を得て昼には行列ができるほどの人気になった。

 基本は口熊野らーめん(590円)だが、ネギが入ったり、卵入りだったりで値段が変わってくる。私が食べた全部入りらーめん(1030円)は、チャーシュー、ネギ、キムチ、もやし、メンマ、卵が入っており、まさにこのラーメンのオールスターズ的雰囲気。かなりお腹が満たされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る