曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鮨よし田(和歌山・上富田)高級ネタ自慢の口熊野の寿司屋

公開日: 更新日:

 熊野詣での入り口にあたることから「口熊野」と呼ばれる上富田町。白浜駅から車で8分ほどのこの地に高級な寿司屋がお目見えした。

 以前から「若松家」を営んでいた吉田稔さんが「もっといい魚を使いたい」と一念発起し、店舗内にもうひとつの店「鮨 よし田」をつくってしまったのだ。これにより同じ寿司ジャンルでも庶民派の「若松家」と高級志向の「よし田」が同じ敷地に同居することになった。

「若松家は4000~6000円ぐらいの店。売価に合わせて商売するのが嫌になり、もっといい魚を使ってみたいと思うようになったんです」と吉田さん。そう思ったら仕入れ値を気にするのがストレスとなり、いっそのこと高級店も併設しようと、改装して「よし田」を設けたという。高級といってもそこは都会と違って、コースが1万2000円で食せる。この値段で上質の魚を使うなら車を走らせても高いとは思わないかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る