曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鮨よし田(和歌山・上富田)高級ネタ自慢の口熊野の寿司屋

公開日:

 熊野詣での入り口にあたることから「口熊野」と呼ばれる上富田町。白浜駅から車で8分ほどのこの地に高級な寿司屋がお目見えした。

 以前から「若松家」を営んでいた吉田稔さんが「もっといい魚を使いたい」と一念発起し、店舗内にもうひとつの店「鮨 よし田」をつくってしまったのだ。これにより同じ寿司ジャンルでも庶民派の「若松家」と高級志向の「よし田」が同じ敷地に同居することになった。

「若松家は4000~6000円ぐらいの店。売価に合わせて商売するのが嫌になり、もっといい魚を使ってみたいと思うようになったんです」と吉田さん。そう思ったら仕入れ値を気にするのがストレスとなり、いっそのこと高級店も併設しようと、改装して「よし田」を設けたという。高級といってもそこは都会と違って、コースが1万2000円で食せる。この値段で上質の魚を使うなら車を走らせても高いとは思わないかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る