曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Amuni(和歌山) 活け締めの天然魚をイタリアンで

公開日:  更新日:

 うまいものを求めて行動する人たちが増えたせいか、グルメの波動円は大きくなり、大阪の繁華街さながらの店が地方にも立地するようになった。私が先日訪れた和歌山の「アムニー」もその一例で、和歌山にいることを忘れ、ついつい長居してしまった。

 同店は36歳の前川幸輔さんが営む伊料理店。駿河町でやっていたのだが、「ゆっくり食事できる空間をつくりたい」と3カ月ほど前に近くの西ノ店に移転して来た。伊料理店というと、ピザ・パスタが中心で、どうしても炭水化物系料理ばかりになりがちなのだが、ここはそうではない。「うちではパスタを一切注文しない人が多いですね」と話すくらいだ。

「アムニー」は和歌山の伊料理店らしく、地元で水揚げされた活き締めの天然魚を使った料理が目立つ。おまけに時折、県内の猟師が仕留めた鹿や猪の肉も入ってくるそうで、それを前川流に調理して提供してくれる。前川さんは以前、イタリアへ渡って料理修業をした経緯がある。シチリアで働いていたこともあってクスクスなど北アフリカ色も料理に取り入れているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る