曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Amuni(和歌山) 活け締めの天然魚をイタリアンで

公開日:  更新日:

 うまいものを求めて行動する人たちが増えたせいか、グルメの波動円は大きくなり、大阪の繁華街さながらの店が地方にも立地するようになった。私が先日訪れた和歌山の「アムニー」もその一例で、和歌山にいることを忘れ、ついつい長居してしまった。

 同店は36歳の前川幸輔さんが営む伊料理店。駿河町でやっていたのだが、「ゆっくり食事できる空間をつくりたい」と3カ月ほど前に近くの西ノ店に移転して来た。伊料理店というと、ピザ・パスタが中心で、どうしても炭水化物系料理ばかりになりがちなのだが、ここはそうではない。「うちではパスタを一切注文しない人が多いですね」と話すくらいだ。

「アムニー」は和歌山の伊料理店らしく、地元で水揚げされた活き締めの天然魚を使った料理が目立つ。おまけに時折、県内の猟師が仕留めた鹿や猪の肉も入ってくるそうで、それを前川流に調理して提供してくれる。前川さんは以前、イタリアへ渡って料理修業をした経緯がある。シチリアで働いていたこともあってクスクスなど北アフリカ色も料理に取り入れているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る