炎上の女子大ランクで注目 雑誌のコンプライアンスは?

公開日: 更新日:

 いくらなんでもやり過ぎだろう。「週刊SPA!」が「ヤレる女子大学生ランキング」を取り上げたことで、女性蔑視だと批判を受けている。

 記事内容の撤回や謝罪を求める署名活動が巻き起こり、掲載された大学も次々と抗議したことで、同誌は謝罪文の掲載に追い込まれた。

 昭和の時代なら男性誌でよく見かけた記事だったとしても、今は男女平等の時代だ。批判を受けても仕方ないだろう。騒動の行方はともかく、エンタメ業界のコンプライアンスはどうなっているのか。

 30代向け男性誌の編集者に聞くと、「3、4年前までは、それこそ『ヤレる』といった表現はまだよく使われていました。もちろん、女性蔑視になっているのかもしれないという感覚はありましたが、『女性に読まれなければ、批判が寄せられることはないだろう』と軽く考えていた部分はあった。『これくらいなら、ノリとして許されるだろう』と。でも、最近はこうした表現に対してネット上で厳しい声が上がってきていることもあり、表現に気をつける編集者やライターが増えています」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る