カブトムシゆかりさん<5>パチンコの営業でさらに腰痛が…

公開日: 更新日:

 大手事務所「オスカープロモーション」を辞めてからは、スケジュール管理から仕事の段取りまですべてを自分で行う。

「昨日は愛知、その前は茨城、埼玉、石川……。月の半分は、パチンコ店の来店イベントやYouTube配信の動画撮影で全国を飛び回る生活を送っています。電車や飛行機での移動でずっと座りっぱなしですし、パチンコ実践でも椅子で同じ姿勢を取るため、どんどん腰痛がひどくなっている気がします」

 ただ、フリーランスで働いてみて、最も苦労するのは人間関係のようだ。

「ある意味、イベント主催者の方であったり、ディレクターさんであったり、フリーのタレント業というのは、毎日、職場の上司が代わっているようなもの。仮に苦手な人であっても、同じように接しなくてはいけません。企業勤めの女性であっても、上司や仕事で苦労されている方は多いと思いますが、私は20代前半で普通のOLがするべき苦労をしてこなかったわけですから、この年になって初めて自分の勉強不足を痛感させられています。パチンコ実践であっても、若い頃であれば『わー、当たった!』といったリアクション芸で通用しましたが、もうそういう時期は過ぎています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る