宅トレ<7>鼻で吸って口で吐くラテラル呼吸法を取り入れる

公開日: 更新日:

宅トレ挑戦50代記者のやせ道<7>

 3月も半ばを過ぎ、焦っている。ボディーラインをごまかせる力強い味方のセーターやコートなどとさよならしなければならないからだ。

「薄着の季節が恐ろしい」と話す本紙記者に、美コアインストラクターの名越聖子さんから「普段の生活で“胸式ラテラル呼吸法”を意識してみて」とアドバイスが。

 ラテラル呼吸法は「体温上昇を目指した呼吸法」で、そのやり方は「鼻から息を吸って、口で吐く。息を吸う時には腹圧をかけて、お腹に空気を入れずに膨らませないようにするのがポイント」。

 名越さんはトレーニング中だけでなく車の運転中などにもラテラル呼吸法を取り入れているとか。体温が上昇し新陳代謝がアップ。痩せやすい体をつくれる。へこんだお腹も夢じゃないかも……。

 そんな名越さんから背中全体をすっきりさせるトレーニングを教わった。お腹、背中、太ももなど、すべてがトレーニングできる素晴らしいポーズであるというから、頼もしい限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る