直撃取材されるも拒否…安藤優子はキャスター陥落のピンチ

公開日: 更新日:

 平日お昼のフジテレビの顔、安藤優子キャスター(60)が情報番組「直撃LIVE グッディ!」を降板危機と報じられ、話題になっている。

■直撃取材が身上のはずが・・・

 安藤といえば、競泳の池江璃花子選手の白血病公表に際し「神様がちょっと試練を与えたのかなと思います」と同番組の生放送中に笑顔でコメント、不適切だと苦情が殺到し、ネットも大炎上した。これについて、「女性自身」から直撃取材された安藤は「それについてはコメントしません」とし、池江選手に対して「すみません、私は本当に、他意はなかったんです」と言い、タクシーで走り去ったという。

「池江さんへのコメントのみならず、『直撃LIVE』と銘打つ番組のメインキャスターとして、この対応はどうなのかと疑問視する声が同業者からも上がっているんです。もともと安藤さんは現場第一主義を掲げ、数々の現場で当事者たちにマイクを向けてきた。それが自分が直撃されると、手のひら返しのように、取材拒否して逃げていく。釈明する機会と受け止めて、きちんと対応する手もあったのに。テキパキした以前のイメージからはほど遠く、安藤さん大丈夫か、ヤキが回ったんじゃないかと身内からも心配されています」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る