西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

「クロダイ」は金串に刺して火取りし皮つきのまま刺し身に

公開日: 更新日:

 赤いマダイに対して、黒いクロダイ。日本でタイの名がつく魚は350種を超えるが、タイ科は13種ほどしかない。“あやかりタイ”が多い中で、クロダイは正真正銘のタイ科の魚だ。

 本州以南の岩礁域にいて、港から河口にも入り込む。足元に潜むタイとあっては、釣り人の格好の的だ。クロダイは食味より、もっぱら釣り人気で勝っていた。庄内藩が推奨したという“勝負、勝負”のクロダイ釣りである。

 関東では、幼魚をチンチン、若魚をカイズ、成魚になってクロダイと呼ぶ。ところがこの魚、ケイズと呼んで正統らしい。明治の文豪、幸田露伴の一説。「カイズは訛(なま)りで、系図を言えば鯛のうち、系図鯛を略してケイズという」と、江戸前の釣り風景を描写した「幻談」にある。

 関西では、クロダイをチヌと呼ぶ。いずこも釣り人ばかりが血眼で、魚屋に並ぶとゲス扱い。鯛は、赤色が好まれるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る