西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

バターのような脂の塊…カゴカキダイ塩焼きはワタを捨てず

公開日: 更新日:

 港の岸壁などで、もっともよく見られる。10センチに満たない小魚で、黄色と黒の縦縞(たてじま)模様が目立つ。交ざって泳ぐ、白黒の横縞模様はイシダイの幼魚だ。

 魚の縞模様だが、頭部から尾にかけては縦縞、背から腹へは横縞。頭を上、尾を下にするのだ。通常、魚は左向きに見るから、ちょっとややこしい。

 人間の目には、派手な魚。でも、“観賞魚”という魚はいない。カゴカキダイは、本州沿岸の各地にいて定置網でも捕獲され、数がそろえば魚市場へも出荷される。知る人ぞ知る、おいしい魚なのだ。

 港内の岸壁なら、8センチあれば大物だろう。沿岸でも岩礁地帯まで出ると15センチ以上も珍しくない。カゴカキダイ料理は刺し身も捨てがたいが、圧巻は塩焼きにある。

 熱帯魚のようでいて、腹に白いバターのような脂の塊を抱えている。それが熱に溶けて、硬い白身に染み込んでいく。だから塩焼きは腹を開かない、腹ワタを捨てない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る