鈴木美穂さん<8>猪瀬都知事が辞任のタイミングをスクープ

公開日: 更新日:

 猪瀬都知事(当時)の資金提供問題を報じるニュースを国会で見ながら、国会議員と「これから都庁担当は大変だ」などと他人事のように話していたら、古巣の社会部の部長から電話があり、翌週からの都庁の担当を命じられた。

「政治も分かる社会部の記者がいいからって言われたんです。大事なところに送られるのは一人前として認められた証拠で本当にうれしかったですし、政治部から社会部に戻るのも好都合でした。ずっと希望していた厚労省は社会部の記者が担当だったので、再びチャンスが生まれたわけです。しかも、『猪瀬都知事が辞めるタイミングをスクープしたら、次の異動で厚労省の担当にしてあげるからさ』と言われ、『はい、分かりました』と返事をしました」

 もっとも、取材は簡単ではなかった。他社の記者は、ほとんどが東京五輪の招致活動から取材していたため、猪瀬知事とはツーカーの仲。本人はもちろん秘書の携帯番号も知っている。いつでも直接、話を聞ける間柄だ。新しい記者が入れるような隙間はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る