歌川たいじさん<1>生きる価値ないという洗脳解いてくれた

公開日: 更新日:

 両親の離婚、いじめ、虐待……自身の壮絶な経験を描いたコミックエッセー「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA)が昨年11月に映画化された。17歳で家出をして、アルバイトや会社員生活を送りながら、さまざまな人との出会いの中で過去や自分自身の心と向き合い、傷を回復してきた歌川さんの物語は、多くの人の胸を打った。今回は会社員時代にフォーカスして話を聞いてみよう。

 会社員として働いたのは、全部で4社です。1社目に正社員採用されたのは1989(平成元)年のこと。それまでは、アルバイトをして生計を立てていました。

 小学生の頃に両親が離婚し、僕と姉は母親と暮らすことになりました。その頃から母親の虐待がひどくなり、刺し身包丁で切りつけられたことも。肥満だった僕は学校でもいじめを受け続けていて、精神的にも限界がきていました。それで、とうとう高校を中退することに。そのことをきっかけに母親とさらに溝が深まり、家にいては自分が壊れてしまうと17歳で飛び出したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る