今泉健司さん<4>失敗乗り越え介護現場で学んだ“女性は神”

公開日: 更新日:

 2度の奨励会退会という挫折を経て、介護の世界へ。将棋界とはまったく異なる職種ながら、天職と思える職場で生きがいを見つけた。

「僕は人と接するのが好きで、その人が笑顔になってくれたら、それだけでテンションが上がります。だから、利用者さんが僕に心を許して、笑顔を見せてくれるのはとてもうれしい。つらいと思ったことは、あまりなかったですね」

 デイサービス(通所介護)、お泊まりデイサービス、高齢者賃貸住宅で炊事、洗濯、掃除、入浴やトイレの介助など、身の回りのことをほとんどサポートする。

「早出、遅番、夜勤もしましたよ。排泄介助に抵抗のある人もいるでしょうけど、僕はすぐに慣れた。『今日は出て良かったね』という気持ちになるのに1週間もかかりませんでした」

 一人暮らしが長く、炊事や洗濯、掃除は、お手の物だったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  5. 5

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  10. 10

    <3>東京五輪「来年7月強行開催」で窮地に立つ小池都知事

もっと見る