今泉健司さん<2>悪戦苦闘の正社員時代 体重は20キロも減り

公開日: 更新日:

 26歳で広島県福山市に戻ると、生活のために普通自動車免許を取得。求人雑誌で職探しを始めたが、「中卒の学歴ではマズイ」と思い、通信制高校の授業を受けながら、アルバイトを始めた。

「初めて将棋の本を買った『啓文社』という本屋とレンタルビデオ店が一緒になった店の店員募集広告を見て面接に行きました。明るく大きな声で『何でもやります! 全力でやります! お願いします!!』と頭を下げたら一発OK。初日にお客さまに『いらっしゃいませ!』と挨拶したら、『寿司屋じゃねぇんだ』と怒られました(笑い)。僕、地声が大きいので」

 音楽は好きで、音楽CDの扱いにはすぐに慣れたが、映画のビデオはジャンルやタイトルをなかなか覚えられず、客が返却したビデオを棚に戻すにもひと苦労。それでも同僚にかわいがられて週5日働いた。

「地元の将棋クラブの道場からは、『経験を生かして講師をしませんか』と声をかけていただきました。僕の将棋の経歴には価値がないと思っていただけに、僕を認めてくれた言葉に心を動かされ、週2回講師をしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る