今泉健司さん<2>悪戦苦闘の正社員時代 体重は20キロも減り

公開日: 更新日:

 26歳で広島県福山市に戻ると、生活のために普通自動車免許を取得。求人雑誌で職探しを始めたが、「中卒の学歴ではマズイ」と思い、通信制高校の授業を受けながら、アルバイトを始めた。

「初めて将棋の本を買った『啓文社』という本屋とレンタルビデオ店が一緒になった店の店員募集広告を見て面接に行きました。明るく大きな声で『何でもやります! 全力でやります! お願いします!!』と頭を下げたら一発OK。初日にお客さまに『いらっしゃいませ!』と挨拶したら、『寿司屋じゃねぇんだ』と怒られました(笑い)。僕、地声が大きいので」

 音楽は好きで、音楽CDの扱いにはすぐに慣れたが、映画のビデオはジャンルやタイトルをなかなか覚えられず、客が返却したビデオを棚に戻すにもひと苦労。それでも同僚にかわいがられて週5日働いた。

「地元の将棋クラブの道場からは、『経験を生かして講師をしませんか』と声をかけていただきました。僕の将棋の経歴には価値がないと思っていただけに、僕を認めてくれた言葉に心を動かされ、週2回講師をしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る