吉川良さん<2>生活安定のためバーテンから画廊に転職し…

公開日: 更新日:

 23歳のとき、吉川さんは、まる4年間離れていた東京に舞い戻る。

「キッカケは、ある時古本屋で手にした一冊の本。ヘンリー・ミラーの短編集でした。ページをペラペラとめくっていると、突然、“ここが私の祖国だ”という1行に、ビビッときたんです。なんでだろうね。自分に問いかけられているような気がしたんです。“おまえの祖国はどこだ?”って。

 東京――の2文字が頭をよぎった。“生まれた所に背中を向けて生きてる場合じゃない”と思ったね。ほかの部分は忘れてしまったのに、“ここが私の祖国だ”の言葉が頭から離れなかった。大学を辞めて、逃げるように実家を離れたわけだけど、慌てて東京に戻りましたよ」

 原宿・竹下通り。昭和30年代半ば、いまの喧騒はなかった。吉川さんはこの路地の一角にアパートを借りる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  7. 7

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  10. 10

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

もっと見る