瀬木比呂志さん<1>息苦しさから米国留学をした判事補時代

公開日: 更新日:

 1977年に東大法学部を卒業後、裁判官を務めた。2012年、大学教授に転身し、著書「ニッポンの裁判」(講談社)で城山三郎賞を受賞。「裁判官・学者の哲学と意見」(現代書館)や「教養としての現代漫画」(日本文芸社)など元裁判官作家としても活動する。

 もともと法曹界を希望したわけではなかった。

「法学部に入りたかったわけではなく、親から『文系なら東大法学部に入れ』という要望があったのです。父は、両親が早く亡くなって希望の学校に行けなかったこともあり、息子の私にそれを託したのでしょうね」

 法学部に入ったものの、
民間企業や役所には興味がなかった。

「法学者の道を考えたこともありますが、学者になるには教授たちとのコネクションをつくらなければならない。大学では民事訴訟法や民法系統の研究室に出入りしていなかったし、そうした行動もあまり好きではなかったから、残された道は司法試験でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る