池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

たるんだオジサン脚もOK 失敗しない“大人短パン”の選び方

公開日: 更新日:

 休日、短パンをはきたいけれど、イマイチ似合わない。短パンをはく習慣がない大人がいきなりトライすると“とっちゃん坊や”のようで、なんとも情けないのだ。若い子の短パンスタイルは軽快でアクティブだし、自分でもはいてみたいと思わせるが、40代以降の短パンは「難易度」が高い。若い頃はいていたのに、年齢とともに似合わなくなってくるのはなぜだろう。

 大人になって短パンが似合わなくなるのには、それなりの理由がある。加齢とともに体形は、上半身、特にお腹回りのボリュームが増してくるが、脚は上半身ほど太らないので「細見え」するようになる。それなのに、膝下が露出する短パンでは、鏡餅に割り箸の脚がついているようで、なんとも不格好で、バランスが悪く見えるのだ。年とともに太腿や膝がたるんでくると、「オバサン脚」ならぬ「オジサン脚」となり、これがまた醜悪だ。森高千里以外のオバサンにミニスカートがダメなように、オジサンに短パンは、とても無理なのだ。

 普段から仕事でも短パン姿なら、きっとこうはならないだろう。では、なぜ仕事着に短パンが許されず、フルレングスのパンツをはくのかといえば、男の正装は肌の露出を禁忌とするからだ。首元にはネクタイを結んで胸元を決してはだけさせず、靴下は膝までの長さでなければならない。スネ毛を見せるのは正装において最大のタブーとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?