池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

たるんだオジサン脚もOK 失敗しない“大人短パン”の選び方

公開日: 更新日:

 休日、短パンをはきたいけれど、イマイチ似合わない。短パンをはく習慣がない大人がいきなりトライすると“とっちゃん坊や”のようで、なんとも情けないのだ。若い子の短パンスタイルは軽快でアクティブだし、自分でもはいてみたいと思わせるが、40代以降の短パンは「難易度」が高い。若い頃はいていたのに、年齢とともに似合わなくなってくるのはなぜだろう。

 大人になって短パンが似合わなくなるのには、それなりの理由がある。加齢とともに体形は、上半身、特にお腹回りのボリュームが増してくるが、脚は上半身ほど太らないので「細見え」するようになる。それなのに、膝下が露出する短パンでは、鏡餅に割り箸の脚がついているようで、なんとも不格好で、バランスが悪く見えるのだ。年とともに太腿や膝がたるんでくると、「オバサン脚」ならぬ「オジサン脚」となり、これがまた醜悪だ。森高千里以外のオバサンにミニスカートがダメなように、オジサンに短パンは、とても無理なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  9. 9

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る