池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

ビジネスアンダーウエアは「透けないベージュ」が正解

公開日: 更新日:

 クールビズが始まった。まだ朝晩肌寒い日もあるので、ジャケットを脱いで出勤するのはもう少し待つのが賢明だが、暑がりゆえ、すぐにでもワイシャツ一枚で行きたいというのなら、いくつか注意しておきたいことがある。 

 ひとつはワイシャツのシルエットだ。身頃が余りすぎているのはいただけない。あくまで体にジャストフィットしているものを選ぶ。ジャケットを着ていた時は「どうせ見えないから」とワイシャツのシルエットに無頓着だったとしたら、ここで正しくフィットするシャツを急いで買いに走ったほうがいい。

 ノーネクタイで行くなら、襟元の開き加減にも注意したい。ボタンをひとつ、もしくはふたつ外した時に、襟は立ち上がっていなくてはならない。襟羽根が横に開いてしまうのは、ビジネスエレガンスにもとるからだ。そのためにシャツの襟形は、ボタンダウンカラーが望ましい。襟羽根の先がボタンで留められているので、だらしなく開くことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る