池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

リュック全盛のこの時代 通勤カバンのベストチョイスとは

公開日:

 ビジネススーツに持つ鞄といえば、ブリーフケースが当然の選択肢だったはずだが、ノータイのカジュアルなビズスタイルが認知されるにつれ、気軽なトートバッグを持つ人が増えた。しかしビジネス仕様とはいえ、トートバッグは軽装の印象が強く、初対面の客先や重要な商談には不向きだ。口の閉じないオープントートを持ち歩くビジネスマンに、重要な契約書類は渡しづらい。

 最近では、リュックを背負ったサラリーマンが多い。これは流行ではなく、働き方に合わせて服装としてのビズスタイルが時代とともに変化してきたからだろう。両手があくビズスタイルは、仕事にもアクティブな姿をアピールできるし、実際に自宅最寄り駅まで、あるいは都心のオフィスまで自転車通勤している人にとって通勤鞄はリュック一択だ。混み合う電車内では、前に抱えるように持つマナーも浸透してきた。電車がホームに入ってくるや、背中から素早く持ち替える身のこなしが上手なサラリーマンの姿には心底感心する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る