大自然に囲まれた北海道・美深町で楽しむアクティビティー

公開日: 更新日:

 アイヌ語で「石の多い場所」を意味する「ピウカ」が語源の美深町は、石に負けないぐらい豊富なアクティビティーが魅力。中高年も大興奮できるアウトドアの楽園だ。

  ◇  ◇  ◇

 稚内市と旭川市を結ぶJR宗谷本線と国道40号のほぼ中央にあり、車ならどちらからも2時間ほどと、決してアクセスがいいところではない。札幌からだと3時間半はかかる。

 そんな不便な場所にあって大人気なのが「トロッコ王国美深」でのトロッコ運転体験だ。「日本一の赤字ローカル線」となり、1985(昭和60)年に廃止された旧国鉄・美幸線のレールをそのまま活用したアクティビティーで、エンジン付きの特製トロッコを運転し、全長10キロを40分(!)かけて走破するというもの。白樺に代表される北海道の木々に囲まれた本物の鉄路をガタン、ゴトン、ガタン、ゴトンと進む。運転席は吹きさらしで、真正面から浴びる風が心地いい。時速は最高20キロ。それが60~80キロぐらいに感じる。アクセルをベタ踏みで爆走すると気分は爽快だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る