小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<9>緊張しそうなときはトイレでの“ゆる顔”でリセットする

公開日: 更新日:

「なんだか、今日は緊張しそうだな。体が硬くなっているな」――本番前にそう感じたとき、実践していることがあります。トイレの鏡の前でこっそりやっています。

 なぜ、場所がトイレなのか。それは、決して人さまに見せられないことだからです。

 まず、トイレに入って鏡の前に立ったら、体の力を抜きます。両手をダラーンと下げて、ぶらぶら振ります。首から肩、腕、指先までの力を抜いて、軟体動物になったかのように繰り返し振ります。

 次に、体の重心を下げていきます。パニックになったり舞い上がったりすると、気が上がって呼吸が浅くなり、うまくしゃべれません。体の重心がヘソの下あたりまできているようにイメージしながら、下へ、下へ。仕上げ段階では、足をしっかりと床に踏みつけます。

 その後は思いっきり変な顔をして深呼吸。変な顔とは間抜けな顔、顔面に力が入っていない、ゆる~い顔です。口は「アー」と半開きにして、目はうっとりする感じに。そのとき眉も下がって、まぶたがストレッチされると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る