多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

断ったつもりが…一度見抜いても騙される“逆転詐欺”の実態

公開日: 更新日:

「債券を高値で買い取りたいので、ぜひとも購入しておいてほしい」

 女性宅に医療法人の事業債が購入できるというパンフレットが届いた後、「それを買い取りたい」という業者から、かかってきた昔からよくある電話である。

 女性はニュースでその手口を見聞きしていたことから「詐欺でしょう」と一喝し、電話を切った。これで一件落着と思いきやこの言葉があだとなる。

 弁護士を騙った男から「当社は、法律を守って活動をしているまっとうな会社です。それにもかかわらず、あなたは当社の社員を詐欺師呼ばわりしましたね。これは名誉毀損という罪に当たります。あなたを訴えます」と電話がきたのだ。

 裁判沙汰に慌てた女性は弁護士を装った男からの「事業債を買って売ってくれれば、この件を穏便にすませる」という提案に応じてしまい、数百万円を騙し取られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る