田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

雨の森の不思議な魅力 装備とコース選びで意外と楽しめる

公開日: 更新日:

 いよいよ梅雨入り。雨の日はさすがに森歩きも無理だろう……と思うだろうが、あえてオススメしてみたい。

 ただし、かなり上級編。私も頻繁にやるわけではない。たまたま雨の日に時間ができ、たまたま雨の日に向いた森が身近にあったから試みたところ、意外なほど楽しかったのである。

 条件としては、土砂降りはさすがにつらい。それと風のない日であること。横殴りの雨になると、もはや森歩きではなく台風中継ぽくなる。

 準備で気をつけたいのは足元だ。靴に水が染み込むと、不快感で気分が台無しだし、危険でもある。

 また雨具は傘だけでなく、かっぱもオススメだ。最近は蒸れにくい汗を逃がすかっぱもある。ともかく濡れる心配をしない格好をしよう。

 問題は歩くコース。これはよく選びたい。さすがにどんな森でもいいとは言えない。水たまりやぬかるみがない道の方がよいし、途中に休憩所があるコースの方がありがたい。なお雨の日は道のない森の奥に分け入らないように(誰も入らないだろうが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る