佐々木成三さん<2>900人の独身警官と“成田ムラ”で生活

公開日: 更新日:

 交番勤務をしていた時、役に立ったのが高校時代にやっていたアルバイトでの経験だった。

「あるレストランでボーイをやっていたんですが、その時に教えられたのが“ワンアクション・スリーゴール”です。1つの行動を起こす時は、角度が違う3つの目標をクリアしようというもの。たとえば、お客さんに呼ばれてテーブルまで行くのはワンアクションです。そのとき注文を聞けばゴールを1つ決めたことになる。ついでに隣のテーブルの空いている皿を片付ければ2つ目のゴール、別のお客さんのグラスに水を注げば3ゴール達成という具合。これを実践しているうちに、常に俯瞰で状況を見られるようになりました。新しいお客さんが来たら、そろそろというタイミングで注文を聞きに行き、帰りそうなお客さんがいればレジに行く。そんな動きが自然とできるようになったんです」

 交番勤務の時も、パトロール中は「不審者がいるかもしれない」と警戒するだけでなく、ほかの事件の情報が得られるかもしれないなと思って行動する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る