五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10702回 老化の実体について <1>

公開日: 更新日:

 最近はなんでも言い替えることがはやっている。
 戦争中は軍部の得意技だった。退却を転進という。全滅を玉砕というにいたっては、国民も内心、眉をひそめる気配があった。今の政府も言い替えは慣れたものだ。武器輸出やメルトダウンを、面白い言い方で印象を弱める工夫をしている。…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  9. 9

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る