黒川祥子
著者のコラム一覧
黒川祥子

ノンフィクション作家。1959年、福島県生まれ。家族の問題を中心に執筆活動を行う。著書に「誕生日を知らない女の子 虐待―その後の子どもたち」など。

親の家で生きたくない!20年ひきこもりから脱した51歳男性

公開日: 更新日:

 高3の1月という受験期に父が自分の都合で、東北地方から首都圏へ引っ越しを決めたことも大きかったが、Aさんは3浪。ほぼ、ひきこもり状態となった。ようやく文学部の二部に合格し、大学生活を満喫、小学校の教員を目指した。しかし教員採用試験に受からず、28歳でひきこもり生活へと入った。Aさんはこう話す。

「朝起きて、今日は何をして過ごすか考えているうちに夕方になって、昼夜逆転していたし、誰とも話さないで1日が終わって、先のことはつらくなるので考えないようにしていました」

 父の舌打ち、母のため息。すべてがつらかった。同じような日が続き、あっと言う間に1年が経ち、30代の半ばで誕生日を意識しないことにした。

「僕は断れなくて引き受けて、つぶれてしまうんです。40歳の手前で母が探してきたNPOで学習支援をしたり、1年は小学校の非常勤講師をしたのですが、限界でした。つらくてまた、ひきこもりに」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る