引きこもり解決への一歩 世間体より“第三者の風”を入れる

公開日: 更新日:

 わが子が学校に行かなくなり、家で過ごす日が続いている。

 会社を辞めたきり、次の行動を起こすでもなく家にいる……引きこもりになった? いや、完全に引きこもりだ! そう感じている親もいるはずだ。

「そんなとき、『なぜ、(学校、会社に)行かないんだ?』『何があったんだ?』と本人を責め立ててはいけません。本人をより追い詰めるだけの行為だからです」

 こう話すのは、ノンフィクション作家の黒川祥子氏だ。長年、引きこもりの取材を行い、ライター業の傍ら、元引きこもりが集まれる「居場所」事業のスタッフとして、当事者支援の仕事にも関わっている。子供が引きこもりになってしまった場合、親はどうすればいいのだろう?

「なるべく早く、第三者に相談することです。民間のNPOもいろいろありますが、まずは行政に相談するのがいいと思います。2009年から国は地域の相談窓口として『ひきこもり地域支援センター』の設置を各自治体で進めています。ここは引きこもりに特化した第1次相談窓口になっています」(黒川祥子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る