ひきこもり52歳兄…49歳妹は「親の死後に面倒みたくない」

公開日: 更新日:

「52歳の長男と2人で暮らしていますが、働くことなくお金をせびってくる。『今度こそ、働くから』という言葉を信じて渡すのですが、どこかで散財して終わり。お金を渡さないと、暴力が出るんです」

 生活困窮者自立支援事業を行うNPO法人の相談室で、86歳の母はそう訴えた。

 母に付き添ってやって来た49歳の娘は、母よりもっと強い口調で訴えた。

「私は夫と2人の子どもと暮らしている。母が亡くなって、私たちが兄の面倒を見るなんて、絶対に避けたいのです。本当に困るんです」と。

「8050問題」に関しては、きょうだいからの相談も多い。親が他界した後への危機感を募らせての相談だ。

 母にとっての長男、娘にとっての兄は、地方の大学へ進んだが、卒業後も「勉強を続けたい」と言った。亡くなった夫は大手ゼネコンの幹部であり、年間300万円の仕送りを20年間送り続けた。夫が亡くなり、仕送りが途絶えた長男は実家に戻り、母と2人で暮らし始めたが、最初から金の無心を続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る