ひきこもり52歳兄…49歳妹は「親の死後に面倒みたくない」

公開日: 更新日:

「52歳の長男と2人で暮らしていますが、働くことなくお金をせびってくる。『今度こそ、働くから』という言葉を信じて渡すのですが、どこかで散財して終わり。お金を渡さないと、暴力が出るんです」

 生活困窮者自立支援事業を行うNPO法人の相談室で、86歳の母はそう訴えた。

 母に付き添ってやって来た49歳の娘は、母よりもっと強い口調で訴えた。

「私は夫と2人の子どもと暮らしている。母が亡くなって、私たちが兄の面倒を見るなんて、絶対に避けたいのです。本当に困るんです」と。

「8050問題」に関しては、きょうだいからの相談も多い。親が他界した後への危機感を募らせての相談だ。

 母にとっての長男、娘にとっての兄は、地方の大学へ進んだが、卒業後も「勉強を続けたい」と言った。亡くなった夫は大手ゼネコンの幹部であり、年間300万円の仕送りを20年間送り続けた。夫が亡くなり、仕送りが途絶えた長男は実家に戻り、母と2人で暮らし始めたが、最初から金の無心を続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る