労災発生件数は3万人 働き方改革時代の高齢者の健康と労働

公開日: 更新日:

 昭和は55歳定年が当たり前だったが、1986年に高年齢者雇用安定法が成立して60歳定年が企業の努力義務になり、2013年には65歳までの雇用延長の義務化が行われた。問題はその後だ。定年後は好きに暮らすというのは昭和の話だ。年金額は削られ、働かなければ食っていけない高齢者がほとんどだ。

 そのため多くの高齢者定年延長終了後に新たな仕事を探し、従事することになる。気をつけたいのが最近は高齢者の労働災害が増えていることだ。昨年の労災発生件数は12万7329人だったが、そのうち60歳以上は3万3246人で全体の26.1%に達している。この数字は10年前18.1%だったから大変な伸び率だ。

 原因は本当は仕事に耐えられるほどの体力・健康がないのに、元気だと過信して仕事を選ぶ高齢者が増えたせいかもしれない。その意味では働き方改革時代の高齢者の健康と労働の関係は今一度立ち止まって考える必要があるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る