労災発生件数は3万人 働き方改革時代の高齢者の健康と労働

公開日: 更新日:

 昭和は55歳定年が当たり前だったが、1986年に高年齢者雇用安定法が成立して60歳定年が企業の努力義務になり、2013年には65歳までの雇用延長の義務化が行われた。問題はその後だ。定年後は好きに暮らすというのは昭和の話だ。年金額は削られ、働かなければ食っていけない高齢者がほとんどだ。

 そのため多くの高齢者定年延長終了後に新たな仕事を探し、従事することになる。気をつけたいのが最近は高齢者の労働災害が増えていることだ。昨年の労災発生件数は12万7329人だったが、そのうち60歳以上は3万3246人で全体の26.1%に達している。この数字は10年前18.1%だったから大変な伸び率だ。

 原因は本当は仕事に耐えられるほどの体力・健康がないのに、元気だと過信して仕事を選ぶ高齢者が増えたせいかもしれない。その意味では働き方改革時代の高齢者の健康と労働の関係は今一度立ち止まって考える必要があるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る