「ゆるゆる再就職」に向いている人気上位3職業を徹底比較

公開日: 更新日:

 862万人――。総務省の「労働力調査」によると、65歳以上の就業者は昨年より55万人増え、862万人となった。年齢別の就業率は、「65~69歳」46.6%、「70~74歳」30.2%、「75歳以上」9.8%といった具合で、高齢者が元気に働く姿が目に浮かぶ。いったい、どんな職種が人気かというと――。

  ◇  ◇  ◇

 人材市場リポートの「an」が定年族の仕事について、「シニアがやってみたい仕事」を調査している。それによると、男性の上位は――、

1位…軽作業(梱包・仕分け)
2位…事務・入力・受付
3位…専門・技術職(資格を有するもの)

 トップ10には、ほかに「スーパーマーケット」のパート・アルバイト、「警備員」「物流スタッフ」などが入る。3位の「専門・技術職」は有資格者向け。これを除けば、いずれも熟戦力の“ゆるゆる再就職”にピッタリではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る