小島慶子さん<5>管理職には向かない 社内表彰で退社を決意

公開日: 更新日:

 入社14年目の終わり、2010年3月、前触れもなく転機が訪れた。09年に始まった生放送のラジオ番組「小島慶子キラ☆キラ」が話題になり、「昨年最も活躍した社員11人」に選ばれて社内表彰されたときのことだった。

「社長以下、全役員の前で表彰されたのです。それまでは叱られることが多かったけれど、やっとちゃんと認められた。これで会社と私の関係がイーブンになったのだと思えました。そして『うん、今だ。今しかない』と退職を決意したのです」

 30代の半ばを過ぎ、管理職として後進の指導に当たるという未来も現実味を帯びてくる時期だった。

「もし管理職になって後進を育てる立場になったら、この先ずっと女子アナというロールモデルとの葛藤が続くわけです。周囲の女子アナ像に違和感を覚えながらも適応せざるを得ない女性アナウンサーたちのつらさをよく知っていましたからね。管理職には向いていないと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る