加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

恋に落ちた男のために火あぶりの刑に処せられた八百屋お七

公開日: 更新日:

 好きな男に会いたい一心で、付け火(放火)をして処刑されたのは、ご存知、八百屋お七です。

 井原西鶴の浮世草子「好色五人女」で取り上げられ、文楽や歌舞伎の世界でも有名になりました。お七の出自には諸説ありますが、「八百屋」という名は彼女の父親が八百屋を営んでいたからだ、と言われています。

 天和2(1682)年、江戸・本郷丸山の火事が起き、お七の家も類焼しました。焼け出された一家は同年暮れ、小石川にある円乗寺に避難して、とりあえずの仮住まいを始めます。

 ここでお七は、運命の出会いをしました。かいがいしく避難民の世話をしていた山田左兵衛という、寺小姓に恋をしてしまったのです。お七は16歳、左兵衛は17歳。美少女と美少年は互いに見初めあい、たちまち深い関係になっていきました。


 未熟ながら、2人の恋心は一途なものでしたが、やがて家屋の再建が終わると、お七は家に戻ることに。純情な彼女は左兵衛を忘れることができません。それどころか、別れてもなお、左兵衛への思いはつのるばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る