はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家

1967年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後、積水ハウス入社。2014年に退職。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」など。妻と子ども3人で自給生活。

刈った場所にバラまく? 雑草を味方にする菜園テクニック

公開日: 更新日:

 春から秋にかけては雑草が育つ時期です。雑草との格闘、思い浮かべただけでうんざり。今回は、雑草抜きを楽にするワンポイントアドバイスです。

 野菜作りを始めた頃は、雑草は根こそぎ抜くものと思い込んでいました。当然、根っこに絡まっている土がドサッと一緒に付いてきます。土をふるい落とすのはなかなか面倒です。大きく育った雑草だと、「えいっ!」と引き抜くと穴がポッカリあいて、地ならしする手間までかかる始末。

 ある時、急に人が田畑の見学に来ることになりました。400坪の田畑を整備する暇などなく、その場しのぎで地上に出ているとこだけザッと刈り取ったことがありました。

 すぐに生えてくると思っていましたが、予想通り、雑草の中でも多年草は、しばらくしたら地上部が復活します。ですが、元の長さまで伸びる頃には、野菜の方が成長して優勢になっていることが多く、根こそぎ刈り取る必要がないと気付きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る