はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家

1967年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後、積水ハウス入社。2014年に退職。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」など。妻と子ども3人で自給生活。

NHKでも一択 有機栽培の肥料は「発酵油かす」で決まり!

公開日: 更新日:

 ホームセンターや園芸店の肥料売り場に行くと、トマト、イチゴの肥料などなど、実にさまざまな商品が所狭しと並んでいます。ホント、プロの私ですら一瞬目移りしてしまうことがあります。

 じゃあ、何を買えばいいのか。私の場合、有機肥料なら粉状の発酵油かす、土壌改良材はバーク(樹皮)堆肥のみです。9年間出演しているNHKテレビ番組でも、これしか使いません。

 有機肥料=クサい! そんなイメージないですか? 有機肥料の原料は、菜種油の搾りかすに代表される植物の残渣や動物の排泄物などです。聞いただけで、もうクサいこと間違いなしですが、決してそんなことないんですよ。

 なぜか? 植物がこれらを肥料として根から吸収するためには、微生物や菌たちのお手伝いが必要です。実は彼らが分解する過程において出すガスや熱が、悪臭に拍車を掛けているんです。私がお勧めする有機肥料の発酵油かすは、工場でこのクサい過程をほぼ終わらせており、植物がすぐ肥料として取り込める状態にして売られているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る